高収入を得ているフリーエンジニアの特徴

フリーエンジニアになると社員時代より高い収入を得ることができると言われていますが、実際には、年収400万円未満のエンジニアと、年収700万円以上の高収入エンジニアに二分されています。
この違いは、一体どこから生まれるのでしょうか。
高収入を得ているフリーエンジニアに共通する特徴は、スキルに優れていても決してそれをひけらかさないということです。常に謙虚な姿勢で相手の意見を受け入れます。それによって、さらにスキルを積み重ね、相手からの信頼を得ることにもつながるのです。

また、自分の持つスキルを過信しないことも共通した特徴です。スキルはあくまでも道具にすぎないことを認識し、それよりも、問題解決の方法論に重きを置いているので特定のスキルが古びてもそれに引きずられることはありません。さらに、フリーで稼ぐためには交渉能力も必要不可欠です。
いくらスキルがあっても相手との交渉の機微が分かっていなければ良い仕事を得ることはできません。

そして、フリーになったからには残業をよしとしない心構えも大切です。
そもそも、時間が自由に使えるのがフリーの強みであるのに、だらだらと残業を繰り返して生産性を落としては意味がありません。最大の成果を得るために企業の枠組みにとらわれずに動くことも大切なのです。
後は、精神的に余裕があることもこの世界で成功している者の共通点として挙げられます。余裕をもって動くことで生産性の高いフリーエンジニアへと繋がる仕事のツボが見えてくるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です